WordPressテーマ「Grider (tcd015)」

WordPressテーマ「Canvas (tcd017)」

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

© STUDIO-colorz All rights reserved.

20135/11

私じゃなきゃできないことをやろう!

今日は、私の尊敬するママ、
木村さんのお店のオープンイベントに参加してきました。

木村さんとの出会いは子どもたちの通う英語スクール。
そこの園長兼オーナーをされていました。
その他にもネイルのお店も持っている、
とってもアクティブに活動されている方です。

それだけ聞いてるだけで「ほぉ~」と言う感じですが、
子育てをしながらご自身の英語のブラッシュアップのために、
英語の教室に通われたり、化粧品の開発に情熱を燃やしたりと、
私がこれまでの人生で今まで出会った誰よりも、
時間をフルに使っているとっても忙しい方。

私との接点が英語のスクールなので、
子育ての話しかしたことはなかったですが、
彼女の持つ世界観にいつも驚かされます。
スケールがあまりにも違うのです。

話しているテーマは「子育て」ですが、
彼女の向いているところは「子育て」だけにとどまりません。

子育てはあくまで「ステージ」
私たちは目の前の問題にフォーカスしすぎて
狭い世界から抜け出せずに悩んだりしますが、
彼女の話は「子育てを通じて自分が何をすべきか」
「今、自分に何ができるか」に向けられています。

まさに「魂が求めるもの」を常に追求している感じがします。
なんだか言葉にしてしまうととってもチンケですね。

帰り際に言っていた木村さんの言葉が印象的でした。
「スクールはスタッフでうまく循環できるようになったので、
これからは私にしかできないことをやっていかないと!
そういうことに時間をたくさん使っていきたい!」

ネイルも英語スクールも、英語の学校も、
ただのステージ。

それは誰でもやることができること。
魂が本当に求めていることって、
そういうことではないと私は感じます。

自分しかできないことができることに、
人は「生きがい」を感じるもの。

デザインも同じ。
子育ても同じ。
ビジネスも同じ。

それはただのステージであって、
それを通じて私しかできないことを表現していきたい。

私にしかできない「デザイン」
私にしかできない「子育て」
私にしかできない「ビジネス」

そして・・・私にしかできない「生き方」

狭い世界にしているのは自分自身なんですよね。
環境のせいでもないし、誰のせいでもないんです。
見えもしない限界を決めているもの自分自身だし、
自分とほかの世界を別のモノにしているのも自分自身。

彼女のそういう世界観に引き寄せられて、
多くの方が集まってきていました。

デザイナーさん、俳優さん、アナウンサーさん、
建築家さん、保育園の園長さん、ミュージシャン、
スクールの先生、海外からの友人・・・
なんとも異色のメンバーばかりの集まりで、
めちゃくちゃ楽しかったです。

そこには境界線なんかなくって、
しかも英語も日本語も飛び交う空間。
私もカタコトの英語で話しまくってきました。
みんな「いいね!」と思っていることが同じの、
とっても気持ちのいい空間で、まさしく魂の交流をしてきたという感じです。

もう本当にお腹いっぱい!
今日は木村さんとお話をして多くの気づきがありました。

私は私じゃなくてはいけない。
私は私を生きなくては意味がないのだ。
そんなことを強く思った、今日このごろです。

今日も読んでくれてありがとうございます。
心から感謝を込めて・・・

それでは

null

関連記事

20181/10

インスタ映えするバレンタインチョコご紹介します。

他の女の子と差をつけたいなら、ぐっと目を引くチョコを選びたいところですよね。 今回はインスタ映えする、女子も惹きつけちゃうバレンタインチョ…

20181/9

ぐっと目を惹く、後藤由香子さん作雛人形が素敵すぎる

今も昔も変わらない、伝統ある雛人形がついに変貌を遂げた!? 雛人形って似たり寄ったり・・・と思っていましたが、 後藤由香子さんによっ…

201710/18

もしもディズニープリンセスが現実に存在したら?

ディズニーのプリンセスたちはとってもキュートに描かれているけど、想像上のキャラクターなだけに現実とはかけ離れているパーツの大きさだったります…

201710/17

今すぐ使えるHalloweenのかわいくておしゃれなイラスト無料素材

Halloweenの雰囲気を作るのに欠かせないのは、かわいくておしゃれなイラスト素材! 無料の素材の中でも厳選して、かわいくておしゃれな、…

201710/16

【2017年版】忘年会の招待状無料テンプレート作りました。

忘年会シーズンに向けて、そろそろ幹事さんが忘年会のプランを練る時期ではないでしょうか。 今回は忘年会の招待状テンプレート作ってみました。 …

ページ上部へ戻る